アプリ開発会社 アプキー | 会社概要
13396
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-13396,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

会社概要

アプリ・ウェブ開発をご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください

会社概要

社名

日本語社名
PT APPKEY

株式会社アプキー

インドネシア法人(外資法人PMA)
住所インドネシア・バリ島
JL Batu Sari No.3 -3 Renon,Denpasar, Bali - Indonesia
Post code:80226
電話番号日本から国際電話をする場合
TEL: +62-361-238091
インドネシア内から電話する場合
TEL: 0361-238091
メールアドレスinfo@appkey.jp
日本語サイトhttps://appkey.jp/
インドネシア語サイトhttp://appkey.co.id/
英語サイトhttp://appkey.net/
代表取締役中村淳之介
会社設立2012年6月
資本金300,000 USドル
事業内容 Android、iOSアプリ開発、 ハイブリッドアプリ開発、モバイル・サイト、レスポンシブWEBサイト、ネットショッピングECサイト、WEBアプリ制作、ウェブ運用・保守、グラフィックデザイン
主要クライアント一例

JTB Pte Ltd / JTBアジア・パシフィック本社、株式会社エイチ・アイ・エス、シャープ株式会社、ユーテック株式会社、グローバルデザイン株式会社、株式会社GENOVA、JTB Pte Ltd / JTB シンガポール・インバウンド支店、JTB Pte Ltd/JTBシンガポール・アウトバウンド支店、JTB (Thailand) Ltd. 、PT. JTB INDONESIA、世帝喜旅行社股イ分有限公司(JTB台湾) 、JTB Australia Pty Limited、JTB New Zealand Limited、JTB INDIA PRIVATE LIMITED、JTBカンボジア支店、JTBフィリピン、JTB(Macau) Travel Limited 、ETC

オフショア開発 インドネシア バリ島

開発費用がなぜ安いのか?

 

開発費が格安なワケ

日本ではIT人材不足が深刻化し開発費が高沸しています。また残業時間上限法案の実施から、さらに開発費が高沸していくのは必至です。しかし、東南アジアに目を向けると、ローコストで依頼できる優秀なエンジニアが多く存在します。今、中国の人件費高沸などの影響を受けて、中国の代わりとなるオフショア開発で最も注目されているのがインドネシアです。その中でもバリ島のエンジニア単価はジャカルタよりも大分安く中国の半額程度、案件によりますが日本の3割程から開発できます。

 

なぜ?バリ島でアプリ開発会社を運営するのか。

バリ島の面積は東京都の2.5倍、人口も300万人と多く、ご存知の通り世界で最も人気のある観光地の1つですので英語や日本語を話せる人材も豊富です。
昨今は観光の顔とは別にIT教育に非常に熱心な地域として知られるようになり最先端のプログラミング技術を教えるIT関連大学や専門学校などの教育機関が増え続けています。また、バリ島はインドネシアで唯一のヒンズー教であることから、宗教上の理由でバリ島以外の土地に移住せずに残るので優秀なIT人材が買い手市場であること、さらに、大の親日の島であることも活動拠点をバリ島に構える理由の一つです。

ごあいさつ

nakamura02

中村淳之介

代表取締役

私たち”アプキー”は、インドネシア・バリ島を拠点にモバイルアプリやウェブを開発しています。バリ島はアジア有数の観光地であり、様々な国から人々が訪れる交流の場でもあります。私たちは、こうした特有のローケーションを活かし、インドネシア人スタッフと共にグローバルな視点での”モノ作り”を目指していきたいと考えています。

 

発展途上の国であるインドネシアへのビジネス発注は、「安かろう悪かろう」という認識がまだ強いかもしれません。しかしながら、言葉の違いはあるけれどコンピュータ言語は世界共通です。日本とのコミュニケーションに関しても日本語でのやりとりをさせていただきますのでご安心下さい。

 

さらに、最新のITスキルに関しては日本人技術者には負けていません。インドネシアのIT教育に関しては数年前から急速に教育機関が増え、大学の4年間、C#、JAVA、PHP、SQLなどの基礎学習から、最新の技術を取り入れた自らの企画でアプリを開発する実践的な教育を行っています。

 

また、昨今、グローバル社会に対する企業の責任が話題となる中、私たちはインドネシアにおいての企業コンプライアンスの問題も真剣に取り組んでまいりました。弊社は、インドネシアの法令に従って設立された外国人が経営できる正式な株式会社(PMA)であり、また、IT関連業務及びコンサルティング業務を事業化することができる日本人経営会社です。
このことは、当然なことのように思われるかもしれませんが、インドネシアにおいては法人設立・運用に高いハードルがあるため難しいことです。

 

私たちは、つねに時代とともに歩み、多様なニーズに的確にお応えすることが私どもの使命であり、そのためには技術力の向上と人間力を醸成して、企業コンプライアンスを考慮しながら、お客様からの信頼を勝ち得ることが進むべき道であると考えます。

これからもお客様によりご満足いただけるよう“多彩な技術・確かな品質・コスト・安心”を追求し続けて参ります。

会社案内

住所:

JL Batu Sari No.3 -3 Renon, Denpasar, Bali – Indonesia
PostCord:80226

 

電話:

日本から国際電話をする場合:+62-361-238091

インドネシア内から電話する場合:0361-238091

 

営業時間:

月曜日-土曜日 09:00-17:00(日本時間:10:00~18:00)
日本とバリ島の時差:1時間(例:日本時間で12時の場合、バリ島は11時)

どんなことでもお気軽にお問合せ下さい。